わがままでいかせて!!

人生、わがままに

5つのカメラアクセサリーが、シャッターチャンスを劇的に増やしてくれる

使って良かった5つのカメラアクセサリー

今までカメラで使用するクイックリリースプレート関係は、全てアルカスイス規格に統一してきました。

最近、YouTubeやブログ界隈で、『Ulanzi』なるメーカーの商品を目にすることが多くなっていましたが、薄目で遠巻きながら傍観しておりました。

それでも今回、この『Ulanzi』の商品などを導入するに至った経緯をお話できればと思います。

 

 

カメラを持って撮り歩く際、困ることが多くありません?

なんだそんな時は、ストラップに付けて首に掛けちゃってるから問題ないぜって方がほとんどだろうことは承知の助です。

少しここから込み入った話にはなってきますが、困った例をいくつかあげて共感を促せればと思います。

最近始めた『POV』動画撮影

前回投稿の記事でも紹介させていただいたYouTube内再生リストの『POV』動画。

youtube.com

動画の撮影はDJIのPocket2(以下、ポケツー)が愛機、現状で解像度、画角、手ぶれ補正の全てでトータルバランス最強と思っております。

しかし、写真を撮る際は基本的に両手を使うことになるので、ポケツーはクリップマウントといわれているGoPro用のアクセサリーでバックパックに留めて撮影しておりました。

このクリップ、1,000円以下でお安い

これで何ら困ることはなかったのですが、写真を撮っているカメラはストラップに付けていると肩や腰回りがかさばるし、撮影するときもストラップ部分が邪魔になって嫌だなぁ、なんて思っていました。

肩がこるので首には掛けず、斜め掛けで使いたい

斜め掛けだとリュックのストラップと干渉していつもイラッとする

加えてカメラからストラップを外すと、無くす危険性もはらんでいます。

結局、Peak Designのアンカーなどを導入したにも関わらずカメラストラップはあまり使う機会がほぼゼロとなっていたのでした。

犬の散歩中も写真や動画を撮りたい!

そう、かわいい愛犬の散歩中に見せる何気ない表情などを撮りたい、カメラ持ってくればよかった、そんなタイミングが多々あり、それでも遊ぶためのオモチャやお水、おやつなども一緒に持っているとカメラなんか持って行ってる場合じゃねぇ、的なことになってくるわけです、まして我が家は2匹の多頭飼いであります。

犬を飼われている方ならば、このジレンマに共感いただける方も多いのではないでしょうか。

こうなってくると動画はまだしも、写真を撮っている場合ではなくなってくる……
観光地などに行った際、急なお買い物なんかで両手は塞がる……。

こういう状況だとカメラに気が回らずレンズをぶつけたりする……

手荷物などで両手が塞がった時など、カメラはひとまずストラップで掛けているものの、座るときなどにはずそうとすると服や帽子、女性であればピアスに引っかかってイラッとしたり……。

これに助けられた! 救世主のアクセサリーたち

手が空かない状況、これは自分のマルチタスク処理能力の低さによる問題だと諦めていた部分は多分にありました。

しかしこの世の中にはそんな愚民を助けてくれる、ありがてぇ商品がたくさんあるのです。

まずはコレ。

1).PeakDesign キャプチャー

PeakDesign キャプチャー(装着時)

前々から気になっていた商品ではありました。

それでも山登りとかするわけでもないし、自分には必要の無いものだと決めつけておりました。

しかし、カメラをストラップではなくこのキャプチャーにマウントできると両手を空けることができ、入れ替えでポケツーもここにマウントできるようになりました。

動画撮影時のカメラの置き場所、これの安心感よ

カメラはフリーで撮ることができるようになりました、速写性向上

これは本当に目からウロコで、写真を撮ったり、動画を撮ったりというのが楽になりました。

カメラは歩いている最中は常に手持ち、時折ポケツーと入れ替えて手持ちの動画撮影、なんてことも容易にできます。

補足ですがピクチャーは、プレート付きとクリップオンリーの2種類から選べます。

後者を購入しましたが、その理由は後で。

プレート付きはちょっとお高め、以下リンク。

2).DJI アクセサリーマウント&3).PeakDesign P.O.V. キット

PeakDesign P.O.V. キットにポケツーを固定するマウントを装着

ポケツーのマウントには、前述のクリップマウントでは無くピークデザインのP.O.V. キットを導入、キャプチャーだけで完結できる体制が整いました。

4).Ulanzi クイックリリースショルダーストラップタイプ

FALCAMとUlanziのダブルネームだそう、アンカーは別売ですよ

ひとまずキャプチャーだけで事は足りたのですが、このショルダーストラップタイプのクイックリリースは便利そうだったので思わずポチッといっちゃいました。

しかしコレがビンゴ!

今回購入した中で、ベストバイと言わざるをえない商品。

早く買っとけば良かったと後悔してしまうぐらい。

写真のようにアンカーストラップとして運用すれば、着脱も簡単で言うことなし!

キャプチャー無くても良かったかもと思うぐらい

とてもスムーズにストラップへ装着できてそのまま写真も撮れるので、とりあえず付けとくかって感じになります。

リュックの時でも、ストラップがカメラの下側にあるせいか言うほど邪魔にならなくなりました。

常に輪っか状になっているのでたすき掛けしておけば無くすこともない

これが一番デカいです、ハイ。

常時たすき掛けしておけば、ストラップどこにいったんだ問題も解消できました。

このおかげでカメラを持ち出す際は、常にストラップをたすき掛けしておくまでになっている次第でございます。

5).Ulanzi スペアシュー クイックリリースプレート F38シリーズ&ピークデザイン

この商品が肝、コレが無いと全ては始まらない

ここまでの話、はて? と思われた方も多くいらっしゃったことでしょう。

『Ulanzi』の商品が使いやすいのは解ったが、キャプチャーにどうやって装着するの? と。

上記の商品はそのための架け橋となるアイテムです。

このクイックリリースプレートは基本的に正方形に近いカタチをしているのですが、

差し込む向きを変えることでキャプチャーに固定することが可能になるという優れもの。

えっ、メーカーの枠を超えてヤバくない!?

ホントそう思いました。

このリリースプレートの存在を知ったことが、この一連のアイテムを導入するきっかけと言って良いでしょう。

キャプチャーでクリップオンリーを選んだ理由も、ここで伏線回収となったわけでございやすよ。

もちろんショルダーストラップタイプにもハマりますよー

一番活躍するシチュエーションは犬の散歩でした。

近所に出かける際でもカメラを持っていく気分になったことで、カメラストラップの使用頻度が格段に上がったのでした。

犬の散歩中も撮レーニング

最後にまとめ

いかがだったでしょうか、個人の見解強めの商品紹介。

今回紹介したカメラアクセサリーは、基本的にAmazonで購入することができます。

是非下のリンクよりポチッといっちゃってくださいな。

 

今週末の8/27(土)9:00 からamazonはタイムセール祭りがスタートするみたいですね。

紹介した商品たちは全て数千円で購入できるモノなので、この機会にお目当ての商品と一緒にポチっちゃってくださいな。

 

以上です、ではでは。